1 概要

 インターネットの究極の形として認識されつつあるメタバース。それは究極にバイオニックでインタラクティブな体験によって物理世界の足枷を取り払い、無限に続く多彩なデジタル世界を自由に想像することができる未来を人類社会に提示しています。
 人類社会はメターバースに投影されて再構築され、人々の仕事、生活、娯楽などは全てメターバース空間へと移動し、新たな文明が築かれるでしょう。メタバースの中では、あなたが望むような生活を体験し、なりたいキャラクターになり、思い描いた世界を創造することができます。メタバースは、特定の組織や個人によって操作され、止められるものではなく、メタバースの中のデジタル資産はあなたのもので、誰にも奪われない…おそらく、こう思う人は多いはずです。
 もちろん、メタバースは我々に大きな期待と興奮をもたらす未来であることには違いありません。ブロックチェーン、VR/AR、通信プロトコルなどの基盤技術の日進月歩は、人々にこうした未来の到来を固く信じさせるものです。しかし、メタバースの永続的な発展と自由な創造、安全性を支えるコアとなるべきアプリケーションの分散化技術は、未だ完全には実現されていません。現在のブロックチェーンはデジタル資産の分散化を実現していますが、それ以上に大規模で複雑な計算をサポートするものではないため、アプリケーションの論理計算、データの保存、画像のレンダリングなど、ほぼすべての部分が中央で処理されています。そして、これらの要素はチェーン上のデジタル資産の分配を完全に操作するものです。したがって、メタバースはごく一部の人によってコントロールされ、それ以外のユーザーはバーチャル世界で飼育される子羊のような存在になってしまうのです。したがって、大規模なアプリケーションの完全な分散化を実現しないことには、本当の意味でのメタバースは実現することができません。ここに、我々が Ethanim を構築しようとする意義があります。
 Ethanim は大規模アプリケーションをサポートする完全に分散化されたメタバースの基盤プラットフォームです。現在のブロックチェーンプラットフォームとは全く異なる技術を採用し、大規模な分散型アプリケーションのセキュリティを確保しつつ、中央集権型アプリケーションと同等のパフォーマンスと使用感を得ることができます。低速なトランザクション、低い並行性、大規模で複雑な計算をサポートできないというブロックチェーンの制約を取り払い、真の意味での永続性を実現します。これは複雑な技術革新であり、全く新しいブロックチェーンアーキテクチャであり、メタバースを健全かつ強力に支える基盤となるものです。
Last modified 11mo ago